いのいち勉強日記

VR・ブロックチェーン・機械学習そのあたりに興味を持ってプログラミング勉強してます!テクノロジー系で面白いの見つけたらまとめます!!他にも読んだ本の感想や勉強したこともまとめていこうと思ってます!

【更新中】ベーシックインカムとは?2018年、勉強はじめました!

希望の党が公約にするなどして
最近注目を集めている『ベーシックインカム』
 
人工知能の進歩とともにベーシックインカムの導入が
ますます話題となっています。
 
そのベーシックインカムとは一体何なのか?
 
今出版されている本や記事などをまとめていこうと思います!
 
随時記事を更新してこちらに載せて行きます! → 最終更新日2018/5/7
 
間違っていたりより良い情報がありましたら
教えて頂けますと幸いです!!!
 

 

人工知能 X ベーシックインカム

 
まずは一緒に語られることが多い「人工知能とベーシックインカム」のお話!
これについて語られたオススメの本を紹介します!

1. 井上智洋著「人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊」

こちらは2016年7月に出版された新書になります。
 
著者である井上先生は計算機科学のバックグラウンドをお持ちで
現在はマクロ経済学を研究されています。
 
いま、人工知能が発展するとどうなるか、
「シンギュラリティ」という言葉と一緒にいろんな意見が飛び交っております。
その多種多様な意見をまとめて紹介し、わかりやすく解説されています。
 
そして、そのような未来が訪れたときに
いったい経済はどうなってしまうのか。
人工知能に人々は仕事を奪われてしまうのか。
その上で、ベーシックインカムがなぜ必要なのか。
今ある社会保障の「生活保護」とは何が違うのか。

 
非常にわかりやすく、かつ、しっかりと語られています。

特に「純粋機械化経済」という考え方は非常に参考になります!
「人工知能が仕事を奪うとはいえ、人工知能によって新しい仕事ができるんじゃないの?」
って考え方をしていると大変かもしれませんよ!
今回の人工知能による失業は今までとは違う!
それが「純粋機械化経済」を学ぶことでわかります!
 
「人工知能」x「ベーシックインカム」を知りたい方は必見!
前提知識は特に必要ないと思います!!
1冊目としてぜひオススメの本だと思います!

 
まとめ記事はこちら↓
www.inoichan.com
 
 

2. 波頭亮著「AIとBIはいかに人間を変えるのか」

 
こちら今話題のNewsPicksBookで、箕輪さんが編集された本です。
 
人工知能についても、ベーシックインカムについても
本当によくまとまっているなという印象を受けました!
 
ベーシックインカムについて面白いと思ったのは、
「官僚の抵抗」と言うのが特に印象に残ってます!
 
ベーシックインカムの利点であるシンプルさは
官僚にとっては都合が悪いそうです。

 
官僚は自分の力の及ぶ範囲を広げるために
より複雑な制度にしてしまう本能があるそうで…。
複雑にすることでいろんなところでいちゃもんつけれちゃうんですね。
 
だから国民にとってはわかりやすくてシンプルなベーシックインカムは
官僚がやりたがらないというちょっと不思議な話ですよね。
 
それ以外にも、
この本ではAI時代にベーシックインカムが導入されたら
私たちはどう生きていけばいいかが言及されてます!

 
AIもBIもうまくいったからといって
簡単に幸せになれるわけではないんですよ、実は!
むしろ今までにない苦労ができるんですね!
 
「新しい時代の生き方」まで具体的に解説してある良書です!
 
まとめ記事はこちら
www.inoichan.com
 
また、ここに書かれているような最先端の生き方を体現している
本書の編集者、箕輪厚介さんについてはこちらの記事でまとめてます!
www.inoichan.comwww.inoichan.com
 
続きは近々更新します!!!


【スポンサーリンク】