いのいち勉強日記

VR・ブロックチェーン・機械学習そのあたりに興味を持ってプログラミング勉強してます!テクノロジー系で面白いの見つけたらまとめます!!他にも読んだ本の感想や勉強したこともまとめていこうと思ってます!

【プログラミング勉強法】脱初心者!「退屈なことはPythonにやらせよう」

以前も紹介した「退屈なことはPythonにやらせよう」

こちらの本をもう少し具体的にまとめてみようと思います!
 

 

第一部が基礎!初心者もOK!

 
 
本書は@「基礎」の第一部と
「処理の自動化」の第二部からなります。

基礎は全体の3分の1くらいなのですが、
ページ数としては多くもなく少なくもなく。
Pythonがはじめての方でも十分理解できると思います。
 
 

シンプルな図が理解を助けてくれる!

 
初心者がプログラミングで苦戦するポイントである
「フロー制御」と「リストの参照」の図解が秀逸です!
 
図はごちゃごちゃしていないシンプルなものなので
多くの方が見やすいと感じるのではないでしょうか。
私はすごく見やすいと感じました!
 
 

コードの解説が1文1文ある!

 
サンプルコードの解説がしっかりしています。
 
練習コードの後ろに番号が振ってあって
各番号に解説が付け加えられます。
ですので、コード自体はすっきしりしていて
そのあとじっくり解説を読めるというスタンスです。
 
これのいいところは、復習しやすいところです。
コードに直接解説が書いてないので、
コードを見てちゃんと理解できているかチャックできます!
そして、わからないところの番号の解説を読めばいいので
すごく復習しやすいと思いました!
 
 

関数とメソッドが豊富!中級者も必見!


リストや辞書型、そして文字列操作で使える
メソッドや関数が余すことなく紹介されています!
 
はじめて学ぶ人からしたら
「こんなにいっぱいメソッドやら関数やら覚えられない!」
と思うかもしれません。
はじめての人は目を通すだけでいいと思います。
どういうことができるかなと頭に入れておくだけでいいのです。

 
Pythonでちょっとプログラミム組んでみようかな、
と思った瞬間になんどもこの本の基礎部分を見返すと思います!

 
何か作る時にリストや辞書型、文字列操作はよくつかいます。
そんなときに「こうできたら便利だなー」と思うことは
割とメソッドや関数として作られていたりするのです。
 
つまり、中級者くらいになってきても
この本の基礎部分はめちゃくちゃ役に立ちます!

 
ぜひ手元に置いておきたい一冊だと思います。
 

 

充実の後半!やりたいとこから見るとOK!

 
 

いろんなモジュールを使いこなす!

 
後半ではPythonをつかって少し本格的に使えるコードを書くために
Pythonですでに書かれた「モジュール」を使います。
 
他書でこれほど多くのモジュールを解説している本はないと思います!
 
Pythonの強みでもあると思うのですが
いろいろな便利なモジュールをimportして使えるようになると
あまり慣れてない人でも想像以上のクオリティのプログラムが書けます!
 
私自身はExcelシートの操作やWebスクレイピング使っていますが、
本当によく使えるプログラムを作ることができて大変満足です!!!
 
 

正規表現やファイルの操作は必見!

 
後半は人それぞれ使いたい章を勉強したらいいと思うのですが
その中でも
 
「正規表現によるパターンマッチング」
「ファイルの読み書き」
「ファイルの管理」

 
この3つの章はぜひ読むことをお勧めします!!!
 
ちょっとした検索やファイルの管理をプログラムに組み込むだけで
GUIでする操作を自動化できる範囲が格段にあがります!
さらにPythonでちょっと気合入れて
複雑なものを作ったりするときには必須だと思います!
 
この3つの章はとくにオススメです!
 
 

まとめ

 
やはりこの本は圧倒的にお勧めですね!
プログラミングの初心者は
「頑張って制御構文や関数をおぼえたぞ!」
となっても次に何をするかがなかなかわからないと思います。
 
この本を参考にして
どんなプログラムでもいいので
とにかく何かを作ってみることが
初心者の壁を破る近道だと思います!

 
やはり役に立ってこそのプログラミングだと思います!
なにか使えるもの作りたいなーという人にはオススメです!
 

 
こちらの記事もどうぞ
www.inoichan.com


【スポンサーリンク】